2016年03月26日

年度末によせて

 年度末なので、個別の指導計画のまとめなど、保護者の方と最後に話す機会があり、

 「また、来年度もよろしくお願いします。」

 と言っていただき、とてもうれしかったです。

 管理職からの評価はあまりいい感じではないので、残念ですが、保護者や子どもが喜んでくれていたら、それがいちばんです。



risu_happy at 22:45コメント(0) 

2016年02月14日

会社員と教員の共通点

 今まで、会社員と教員の相違点について、書いてきましたが、会社員も教員も同じだなあと思うことがあります。

 まあ、当たり前かもしれないのですが…。


 会社員をしていた時、社長がよく
 「ようは、結果だ。」
 と話されていたのを思い出します。

 それは、特に営業の人に向けて言われた言葉でした。
 どんなに一生懸命、営業活動していても、売り上げが上がらなかったら、意味がないということです。


 教員になった今、管理職から何度かいわれました。


 「一生懸命やってるのは分かるけど、子どもが変わらなければだめだ。結果を出さなくては。」
 と。


 仕事なので、当たり前と言えば当たり前なのですが、人相手の仕事で結果を出すのは難しいですね。

 私は以前は事務的な仕事に就いていて、作業改善や技術の習得など、自分が頑張ればどうにかなる仕事だったので、特にそう感じます。


risu_happy at 22:32コメント(2) 

2015年12月12日

いちばんうれしいのは

 会社に勤めていた時は、接するのが大半社内の人ばかりだったので、上司や同僚以外ほめてくれる人もいないし、社内の人に褒められたらそれで満足していましたが、学校では、同僚から「よく頑張ってるね」と言われるのもうれしいけれど、やはり子どもからほめられたり、すきといわれたりするのは、とてもうれしいです。

 この前、受け持ちの子どもが
「先生も中学校に来て。中学校の先生になれるように校長先生に頼んで。」
と言ってくれたので、驚きました。
「それはむりだわ。」
と返事しましたが、内心、この子がそんなふうに思っていてくれたなんて、うれしいなと思いました。

今思えば、うれしいと思ったその気持ちを伝えてなくて、だめだなあと思っています。

 そのもうちょっと前に、他の子から
「○○先生のほうがよかった。」
 と言われたので、”まあ、当然かな。○○先生は大ベテランだし、この子たちの同性だしな。”と思ってので、余計にうれしかったです。

 反面、彼自身にとっては、もっともっと自立してほしいなあという気持ちでいっぱいです。

risu_happy at 22:16コメント(2) 
ギャラリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
最新コメント
  • ライブドアブログ