2015年04月29日

教員の昼休みと放課後の過ごし方

 会社で勤めていたころは、昼休みは仕事を離れて、友人と雑談しながら昼食をとるのが楽しみでした。
 もちろん、どこの会社でもそんな悠長な昼休みをしているわけではないとは思いますが、そういうところも多いと思います。

 学校は、一応45分間は昼休みだと規定されていますが、担任を持っていれば、実際は昼休みはありません。
 給食の準備の指導から始まり、食べている最中も、こぼしたとか、おかわりとか、吐いてしまったとかいろいろハプニングが起こるので、急いで食べて、対応しなければなりません。
 給食の片付けが終わった後は、提出物を見たり、子どもと遊んだり、大忙しです。

 子どもの頃は、先生は昼休みに子どもと遊んで、暇そうだと思っていましたが、今になって、それはたいへんな誤解だとわかりました。

 先生は暇だから、遊びたくて遊んでいるのではなくて、こどもと遊ぶのも仕事なんだということがわかりました。

 単に遊ぶだけなら楽しいのですが、あれもこれもしなくてはいけないと気になりながらも、子どもに教育的配慮をしつつ遊ぶのですから、あまり楽しくないのが本音です。
 
 何も気にしないで、思いっきりこの子たちと遊んでみたいと思うこともしばしば。

 休み時間はあって、なきがごとし。

 放課後は、お茶くらい飲む時間はありますが、やることがたくさんあるので、定時に帰れることはなく、残業代なしの残業が当たり前です。

 いえいえ、月〇千円の手当(みなし残業代のようなものでしょうか)をいただいているので、サービス残業だと言っては叱られるかもしれませんね。

 つい、夜遅くなってしまうのは、私の仕事の仕方が悪いからでしょう…。
 なぜか、9時くらいになってしまいます。10時の時も。早く帰るときは、たくさん持ち帰っています。
 
 もっと効率よく仕事できるようになるといいのですが…。

 あと、忙しすぎて同僚の先生方と個人的な話をする時間がほとんどありません。
 ほとんど仕事の話しかできません。

 それも会社員のころとはずいぶん違いますね。
 最初はさびしく思っていましたが、なんだか慣れてきました。
 
 プライベートな話はなかなかできませんが、仕事の相談はたくさんするので、それで人間関係を深めていくしかないなと思います。

risu_happy at 23:00コメント(2) 

2015年04月12日

やはり遅すぎた転職の時期?

 いつまでも若いつもりでいても、やはり脳や体は退化しています。
 若いころのように、体力的に頑張れないし、物覚えや飲み込みも悪いです。

 最近、特に疲れてしまうので、こんなので65歳まで働けるだろうかと心配になります。
 仕事もなかなかうまくいかないので、もっと頑張らなければと思いますが、難しいです。

 やはり、この年でまったく違う仕事に就くのはかなり、無謀だったかもしれません。

 採用試験も受けられない年齢なので、これからもずっと講師です。
 まあ、受けられたとしても、いまさら受からないと思いますが…。

 それに、この前、管理職から、ここには書けないつらいことを言われて、わたしが、若くなくて、講師だからそんなふうに言われるんだなと、ショックを受けていました。

 会社員から教員に転職しようかどうか迷っている方がいらっしゃったら、早いほうがいいです。
 いえ、教職にかかわらず、ぜんぜん違う仕事をするなら、早く決断したほうがいいです。
 
 40歳で転職は厳しいです。

 自分は仕事を選ばない、何でもする!と思ったとしても、仕事のほうが自分を選んでくれないこともあります。
 

risu_happy at 21:18コメント(0) 

2015年02月01日

人の痛みがわからない

 世界でとても信じられない恐ろしい事件が起こってしまった一方、国内でも、また「人を殺してみたかった」と言って、大学生が殺人を犯してしまいましたね。
 
 日本でふつうに教育を受けてきた人は、「人の命は何よりも大切」ということを何十回、何百回と聞いているはずです。
 きっと頭ではわかっているはずだと思います。
 それでも、心がついていかないのでしょうか。

 学校でも、つい手足が出てしまう子に、「何があっても暴力はいけない」と話していますが、「そうだな」と納得する子と全然納得できない子がいます。
 「相手が嫌なことを言ったからだ」という場合には、心情的にはまだわかるのですが、何もしていない子にいきなり手を出す子、何も理由がないのにしてしまう子、何度言っても直りません。
 心情に訴えようが、威圧的な態度で許さないと言おうが関係ありません。
 その子自身の心が、暴力はいけないということが、わからないのです。
 
 これは、特定の誰かを指して言っているのではありません。
 そういう子はたくさんいます。

 教育によって、より人情味のある人間になっていく子もいれば、全然受け付けない子もいます。

 人の痛みがわからない子は、どうすればわかるようになるのだろうかと、悩みます。
 そういう子でも、自分がされたら、怒ります。
 でも、相手の気持ちはわからないのです。

 これが解決できなければ、いくら罰則を厳しくしても、悲しい事件が繰り返されていくと思います。



risu_happy at 20:51コメント(0) 
ギャラリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
最新コメント
  • ライブドアブログ