2014年10月25日

サービスを受けるのが当たり前と思う子どもと保護者

 教員の仕事って、仕事とプライベートの境目があいまいで、線引きがむずかしいですね。
 もちろん、仕事中にプライベートが入り込む余地は全くないのですが、プライベートには仕事がつきまといます。
 それは、労力と金銭の両方です。

 今朝も、学校で使うようにいろいろ材料を集めていて感じたのですが…。

 会社員のころは、仕事で使うものはすべて会社もちだし、必要であれば経費で購入していました。購入してもらえない場合は、できるようにするだけです。

 でも、学校はちょっと違いますね。活動に必要な費用は、たいてい学級費でまかなうため、保護者の負担を減らそうと、教師が自費で購入したり、材料などは知り合いにお願いしてわけてもらったりと努力していることが多いです。
 しかし、たいていの保護者や子供はそんなことは知りませんし、先生がしてくれることは、特別なことではなく当たり前と思っている様子です。

 まあ、していることに対して、その教師自身が納得して満足しているなら、とやかく言うことはないのですが、問題は、一人がすると、他の人もしなければならなくなることです。

 今までもにも感じることはありましたが、今年は特に感じます。
 今年は持ち上がり学級で、担任だけが変わったため、何かと昨年の先生と比較されます。

 昨年の先生は、いろんな意味で子どもたちにサービスされていたようで、材料費やごほうびなど自費で購入されていたようです。

 それで、子どもたちが、
「去年は、がんばったら〇〇もらった。」
と言って、それをしない私をつまらない先生だと思っているようです。

 それってどうなのかなあと思います。
 私も自分にできること、子どもたちの学習に効果があると思うことはなるべくしたいと思っていますが、したくないことあまり効果があると思えないことまで、期待されるのは困ります。

 しかし、反面、自分がこうしたいとおもっても、他の先生から、
「そちらがするなら、わたしまでしなければなくなるので、やめて。」
と言われることもあり、バランスの難しさを感じます。

 子どもや保護者からすれば
 サービスたっぷりの先生は、いい先生。当たり前のことを一生懸命やっているだけの先生は悪い先生。

 という感じになっているのではないかなと思います。

本当はそんな基準おかしいのに、子どもや保護者の要求に応じないとバツ印をつけられるので、応じているうちに仕事が際限なくなってしまうのではないかと思います。

 今問題視されている中学校の部活問題もそれの最たるものではないでしょうか。


 教員の仕事の範囲がもっと明確ならいいのになと思います。
 

risu_happy at 15:46コメント(0) 

2014年09月27日

会社員と教員(公務員) 有休(年休)の取り方の違い

 有給休暇を消化できるかどうかは会社によっても違うと思いますが…。

 私が以前勤めていた会社は、消化という考えはありえなかったです。
 まあ、部署や社員当人の考え方にもよりますが。

 私がいた部署では、有休はとてもとりづらかったです。
 
 会社の規定では、年間20日あり、取得の2日前までに理由を添えて課長を通じて人事に提出すれば、取得できることになっていました。半日単位です。

 しかし、まず、理由を言わなければいけない段階で、とりづらいですね。単に休息したいだけとか、遊びに行くとかいう理由は、理由にならなかったので。
 認めてもらいやすい理由は、病気や平日しか開いていない病院・官公庁などに行く場合やお葬式くらいですかね。
 その他だと、「休みの日にするように。」と言われるのがオチです。

 認められやすい理由であっても、代休が残っていれば、それをあてるように言われます。
 シフト制の部署だと、病気で休んだ分をシフト休みにあてるように言われた人もいます。

 というわけで、もともとの休み以外には、休みがとりにくかったです。
 たとえ、仕事が暇でもです。

 まあ、どんなにいやみを言われようが、冷たい視線を浴びようが、気にしないで、権利を主張する人もいました。
 それにしても、たくさん休むと昇給の査定に響きます。

 その点、学校はちょっと違いますね。子どもが来ている時間は、休めませんが、夏休みなどで子どもがいないときなら、みなさん、結構自由に(もちろん届けを出してですが)休んでいます。
 それに、時休という制度があるので、1時間単位で休みがとれて便利です。
 自分の子どものいる人は、クラスの子どもが学校にいる時間でも、1時間抜けて参観日に行ってくるなんてこともありますよ。
 (普段、何十時間と残業代なしで働いているのに、早く帰る場合は休みになるなんて、釈然としない部分もありますが。)

 まあ、私はいつも夏休みも忙しくて(研修や会議と出張のオンパレード) ほとんど休みを取ったことはありませんが。

 
 一般企業でも、組合がしっかりしている会社は、年内に必ず有休を消化するようなシステムになっているところもあり、会社か学校かというくくりで一概には比べられませんが、何かの参考になればと思います。

 休みに注目して職業(職場)を選びたい方は、事前によく調べてみてください。

 学校も、地域や小中高では、違うと思います。

risu_happy at 23:10コメント(0) 

2014年09月22日

教師…孤独な仕事

 みなさんは、あまり人に頼らず、自分のペースで仕事を進めていくのか、みんなで協力して一つのものを作り上げていくのかどちらの仕事の仕方がお好きでしょうか。

 まあ、人それぞれだと思うのですが、私は後者です。

 以前働いていた会社では、一つの製品を作り上げるため、チームで分担をして仕事をする部署にいました。
 ので、まあいろいろトラブルもありましたが、基本的には、学校の文化祭のようなノリでしたね。
 同じ苦労を分かち合える仲間がいて、心と心が触れ合う感じがとてもよかったです。

 でも、学校の教師はちょっとさびしいです。
 もちろん、他の先生方といろいろ相談しながら仕事を進めていくわけですが、最後は一人なんですよね。

 会社なら、トラブルがあったとき、みんなでフォローし合って、最後はうまく仕上げたり、不良品を発生させた場合でも、みんなで改善策を考えてお互いにチェックしあったりしていました。

 学校では、そういうわけにはいきません。
 教室に入れば一人です。
 うまくいかない… と相談すれば、いろいろアドバイスはしてもらえますが、一緒に授業してもらえるわけでもないし、子どもがいる間はみんな自分のクラスのことで精一杯です。
 
 子どもの対応が大変なので、よほどでない限り、教師同士で話をするのが難しいですね。ちょっと聞きたいことがあるときでも、タイミングが難しいです。
 何か伝え合うにしても、つい「はい、はい。」みたいな対応になってしまいますね。

 会社勤めのときは、お昼ご飯のときに友人とおしゃべりするのが、楽しみでしたが、学校では子どもの給食指導があるので、ゆっくり食べている間はないです。
 初めのころは、食べるのが遅い!と言ってよく注意されました。
 
 
 放課後もやることがたくさんあるので、一緒に夕飯を食べに行くなんてことはなかなかないです。(しておられる方もいるので、人にもよるかもしれませんが。)

 なので、同僚の方と深くお付き合いするのが難しいです。

 孤独な仕事だなあ~と感じる毎日です。

 教師同士より子どもと楽しく過ごせたら、いいのかもしれませんが、うまくいかないとつらいですね。
 自分を好いていてくれる子よりも、反発している子の対応に追われてしまって、よくないです。

risu_happy at 23:27コメント(0) 
ギャラリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
最新コメント
  • ライブドアブログ