2014年11月02日

早飯早糞早算用

 この前、職場の先生方数名で、夕食を食べに行きました。
 日々、忙しすぎてなかなかそういう時間は持てないので、たまにはいいよね~ってことで。

 その時、食事するのがどうしても早くなってしまう。
 飲み物も飲まずに一気に食べてしまう。
 職業柄くせになっている。
 家庭でも同じ。

 という話がでました。

 私も、もともとはとてもゆっくり食べるほうなので、仕事に就いた時、給食中に教室に来られた先生に
 「まだ、食べているの。もっと。ぱぱっと食べて、片付けなどの指導をしなければ。」
 と言われたことを思い出しました。

 昔の奉公人の心得に、「早飯早糞早算用」(食事、用便、計算が早くできること)というのがあったそうです。

 
 教師も同じだなと思います。

 食事は上に書いた通りですが、用便もしかり。
 とくに低学年の担任などは、休み時間も子どもがくっついてくるし、勉強を教えたり、つぎの準備をしたり、とても忙しく、トイレに行く暇もなかなかないです。
 できるだけ、ぎりぎりまで我慢していますよ。

 どうしょうもないときは行きますが、ちょっといないと、子どもたちに
 「先生、どこに行ってた?(してほしいことがあったのに)」
 と聞かれます。

 計算(算数の勉強)は教師の本分なのでもちろんですよね。

 なんだかおしんを思い出しました。


 私は以前、製造業の会社で働いていたので、昼休みはきまった時間にきっちりとっていました。

 介護施設では、学校と同様、休み時間はないし、トイレもなかなかいけなかったですがね。

 


risu_happy at 21:48コメント(0) 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
最新コメント
  • ライブドアブログ