2014年11月15日

音楽を学習する意義

 今年、校務分掌で音楽の担当になった。
 ピアノも上手に弾けないし、指揮もできないし、音楽会の運営もわからないし、その他もろもろ、ぜったいできない!と思って、教頭先生に変えてもらうようお願いしたが、だめだった。

 仕方ないので、最善を尽くして、あとはどうにでもなれ!と思い引き下がった。

 とりあえず、ピアノを習いに行くことにした。
 まあ、もともと音楽は大好きなので、自分が頑張ってすむことなら、頑張れると思う。

 あとから来られた産休代理の先生は教員生活長いので、いっぱい助けてもらって、音楽会もどうにか成功に終わった。

 さてところで、先日、地区の音楽主任会があり、参加させていただいた。

 研究授業を見て、研究会、懇親会があった。

 その場で聞いてみた。(子どもの発言について)

 「音楽なんかできても、将来何の役にも立たない。」
 と言われたことを。

 私は、「生活が豊かになる。」ということぐらいしか思いつかなかったので、もっとべつのねらいがあるのか、聞いてみた。

 するとまったく同じことを言われた。
 「生活を豊かにする。それ以外はない。」
 と。

 別の先生は、
 「大人になって演奏する機会はあまりないかもしれないけれど、音楽を聞く機会はたくさんあるので、その時、s知っているのと知らないのとでは、楽しみ方が全然違う。」
 と教えてくださった。

 本当にそうだなと思う。

 私は、小学生から大学生まで、教科の中で、国語と音楽が大好きだった。
 どれほどその時間を待ち焦がれていたか。

 そして大人になっても、音楽を楽しんでいる。

 子供に
 「音楽なんて面白くない、何のためにやるの?」
 と言わせず、そんな疑問をもつ余地もないくらい、楽しい授業ができたらいいなと思う。

 自分自身が楽しんでいる思いを、伝えられたらなと思う。

risu_happy at 22:01コメント(0) 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
最新コメント
  • ライブドアブログ