2015年06月

2015年06月27日

スポーツに起因するいじめをなくす方法を教えてください。

 最近、ドッジボールは野蛮で、いじめを助長するから禁止したほうがいいという話題が出ていますね。

 みなさんは、どう思われますか。

 「ばかばかしい」
 と即座に、お答えになった方は、きっと人並にスポーツのできる方だと思います。

 わたしは、この問題について、簡単に答えることはできません。
 なぜなら、上記の考え方は、子どもの頃(大人になってからも)私自身がずっと考えていたことだからです。

 もちろん、教師として働いている今、大人の目で見れば、いじめられるからドッジボールを禁止するのはおかしいと思います。そんなのはドッジボールだけじゃないですからね。


 けれど、一人の児童だったわたしからすれば、、スポーツがとても苦手で、そのせいで人生のかなりの部分が暗くなったと思っています。 特に、団体競技はへたくそだと、他の人に迷惑をかけますからね。ドッジボールをはじめ、リレー、バレーボール、がさかんに行われていて本当に嫌な思いをしました。この気持ちは、味わった人でないとわからないと思います。いやなことばかり言われるし、いじめられるし、学校に行くのがいやになり、行ってもなかなか積極的になれません。

  教師として働いている今でも、本当のこと言って、体育はきらいです。体育のある日は仕事を休みたくなります。どうすれば、わたしのように嫌な思いをする子をなくすことができるか考えていますが、あまりかたよると、今度は、そこでこそ活躍できるはずの子にストレスがかかります。
 
 「どうしたら、苦手な人も楽しめると思いますか。」 
 と話し合えば、
 「強い人は利き手と反対の手で投げればいい。」
 など意見が出ますが、それでは本当なら強く投げられる人は「こんなん、おもしろくない。」と言います。

  思いやりを持って譲るのがいいという結論に至ったとすれば、もうそれはすでにスポーツではなくなってしまいます。
 たとえば、徒競走で相手の子がかわいそうだからと言って、手加減したとすれば、競争の意味がなくなってしまいます。

 なんでも、禁止すれば解決するものではないと思います。
 もしかしたら、学級や学校の問題として、だれもが楽しめるようにするには、どうしたらいいのか、子どもも大人もみんなで悩むことに意義があるのかもしれません。

 
 ドッジボールは、いじめがないとしても、へたな人はボールが受けられませんから、逃げるだけです。時には、ボールを当てる対象ともみなされず、何もしないでじっとしていることもあります。外野に行ったら特にそうなってしまいます。

 へたくそでいじめられても、それを乗り越えるようになってほしいという意見もありますが、何も支援せずに、言うだけならそれは横暴です。

 スポーツをスポーツとして、心からみんなが楽しめる方法を思いついた方があれば、ぜひ教えてほしいです。


risu_happy at 20:55コメント(0) 
ギャラリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
最新コメント
  • ライブドアブログ